実家の帰省は別々で!義実家に帰省はしないメリットは?

スポンサーリンク

geralt / Pixabay

義実家に帰省しない、義理の子供をどう思う?義実家の父母にもメリットが!

夫や妻の実家、
いわゆる義実家への帰省は、

夫であれ妻であれ、
やはり
義理の父親や母親に
会うのは気が重い
というのが本音のようです。

しかし
自分の実家に帰れる
配偶者はもちろん、

子供にしても
自分の祖父や祖母に会えるということで
配偶者の実家にいくことを
楽しみにしていることもあり、

面と向って
乗り気ではない
ということも言えないようです。

今回は、
・義理の父親・母親には気を遣う?
・義実家には帰省しないでいい?
・夫婦別々にそれぞれの実家に帰省するのは?
ということについて、
考えてみたいと思います。

スポンサーリンク
336×280

夫や妻の義実家へ帰るのは、気をつかうから嫌?

さて、
今回はそんな
さまざまな思いが交錯する
義実家への帰省について
お話をしていきたいと思うのですが、

ネット上の声を見てみますと、
先ほどお話をしたように、
夫や妻の実家へ
行くことについては、

嬉しい、楽しみだという意見は少なく、
気をつかうので嫌だ
といった声がほとんどのようです。

義実家の父親や母親の立場からしても、気をつかう

なお、
そのような声は、
帰省してくる自分の息子や娘、

その配偶者である
義理の息子や娘を
迎え入れる方でもあるようです。

つまり、
息子や娘、
孫が自分たちの自宅に帰ってくる分には
気をつかわなくていいが、

息子や娘の夫や妻については
どうしても気をつかってしまうし、
構えてしまう
というのが本音のようです。

義実家への帰省は、どちらにとっても気疲れする

つまり、
帰省する側の義理の息子や娘、
さらには
それを迎え入れる側の
義理の父親や母親、

その双方において、
義実家への帰省と言うのは
気疲れをすることであるようです。

義理の息子や娘に対する、義実家の両親の思いは…

義理の息子や娘という存在は、
自分の子供が
結婚をして
はじめて生まれる存在であり、

本来であれば
喜ばしいものなのでしょうが、
現実はそうはいかないようです。

義実家への帰省はしないでいい!?

さて、
そのような現実を前にして、
最近では
実家への帰省については
新しい動きが
起こっているようです。

それは
どのようなものなのかと言いますと、

実家に帰るのは
当の息子と娘、
それに孫に当たる子供だけ、
というかたちの帰省スタイルです。

つまり、
義理の息子や娘は
義実家へは行かないのです!

新しい実家帰省のスタイルの実際は?

このような
帰省のスタイルを聞くと、

なんだか
配偶者の父親や母親と
本当に上手くいっていない感じが
してしまいますが、

実際に
このようなスタイルでの
帰省をしている人の声を見てみますと、
そうではないようです。

義実家に帰省しないのは、それぞれにメリットがある

義実家に行くほうも気疲れする、
さらには
迎える側もまた気を遣うので、

だったら
気を遣わなくてすむ人間だけで
帰省すればいいのではないかという、
双方の気持ちに沿った帰省で
落ち着いたのが、
このスタイルのようです。

義実家に帰省しないのは、経済的な理由も

また、
夫婦のうちの一人のみが
自分の実家に帰省をする理由としては、

交通費の節約
という意味合いもあるようです。

夫と妻の実家が同じ地元同士
だったりする場合ならばともかく、

夫婦の実家の場所が
離れているとなると、
それぞれの実家に帰省するだけで
かなりの交通費がかかります。

実家帰省は、夫妻がそれぞれすることで、負担軽減

当然ながら、
夫と妻のうちの一人が
自宅に残ることで
交通費は大人一人分
節約されることになります。

そのように考えますと、
最近広がりつつある
義実家に帰省しないスタイルに関しては、

心理的な面、経済的な面での
負担を軽くする意味合いがあるようですね。

今回は、
・義理の父親・母親には気を遣う?
・義実家には帰省しないでいい?
・夫婦別々にそれぞれの実家に帰省するのは?
ということについて、
考えてみました。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする